マケスピ注文アシスタント

楽天証券のマーケットスピードで

注文ウィンドウの入力値をセットするソフトウェアです

マーケットスピードを使っていて、注文を出すときにメッセージウィンドウが自動で消えたり、初期値が設定できれば便利だなと思ったことはありませんか?

 

◆主な機能

・あらかじめ注文ウィンドウの入力値をセットするソフトウェアです
・「現物買い」「信用新規買建」「信用新規売建」の3つの注文ウィンドウを開くことができます
・注文ウィンドウを開く時に出てくるメッセージボックス(注文規制等)を自動で閉じます

 

◆ダウンロード

マケスピ注文アシスタント (10 ダウンロード)

Googleのセキュリティ問題が表示されたので、ベクターライブラリに移動しました

ベクターからダウンロード

 

◆収録内容

マケスピ注文.exe(実行ファイル 32bit版)
マケスピ注文.ini (設定ファイル)
readme.txt  (ドキュメント)

その他、必要なランタイム等はありません。

 

◆操作説明

・「現物買」「信用買建」「信用売建」トグルボタン
どの注文ウィンドウを開くか選びます(信用注文の種類はマーケットスピードの設定がデフォルトです)

・「指値」「成行」
指値注文か成行注文かを選びます

・「数量」
注文株数を入力します。注文ウィンドウを開いたときに自動でセットされます

・「セット注文」
セット注文を予約するかしないか選びます。現物注文の場合は指値のみ有効です

「開く」ボタンを押すと注文ウィンドウが開きます

 

◆動作について(重要)

※このソフトウェアは外部からマーケットスピードを操作していますので動作が不安定な部分があります。

※動作確認はMarketSpeed Ver15.7で行っています。今後、MarketSpeedの仕様が変更された場合は正しく動作しない可能性があります。

※マーケットスピードのバージョンに合わせて「マケスピ注文.ini」のversion項目を書き換えてください。
配布時点では「version=15.7」になっています。

※マーケットスピードの画面については「市況情報」「市況情報フル板」「ザラバ情報」「ザラバ情報フル板」で動作確認を行っています。

※注文ウィンドウを開いた時に銘柄コードが入力されていない場合は、一度マーケットスピード側で注文ウィンドウを開いてみてください。次からは表示されると思います。

※注文ウィンドウは幾つでも開きますが、操作が行われるのは最初に開いたウィンドウです。

※「武蔵」画面で注文ウィンドウを開くと違う銘柄の注文ウィンドウが出る場合が多いのでご注意ください。

※確認ウィンドウの自動化は行っていません。注文内容を確認の上、ご利用者様の自己責任においてご注文をしてください。

※マーケットスピードを多重起動されている場合、Zオーダー(システム内のウィンドウ順)の先頭のマーケットスピードに対して注文ウィンドウの表示が行われます。当ブログの多重起動の手順を参照してマーケットスピードのウィンド名(キャプション名)を変更してください。

※このソフトウェアは楽天証券株式会社様とは一切関係ありません、問い合わせ等は行わない様にお願いします。

 

◆免責・再配布等

このソフトをフリーウェアとして公開します。著作権は作者にあります
ご利用の際は、利用者の責任において使用してください
作者及び配布者はいかなる損害・損失も一切の責任を負いません

再配布は禁止します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です